島根大学法文学部山陰研究センター
 


石見銀山領における人口増加開始期における
人口再生産機構に関する研究
科学研究費プロジェクト
期 間:
2007-2009年度(3年間)
代 表:
廣嶋 清志 (法文学部教授・人口学)
0811プロジェクト画像

2009年度研究成果

◆2009年度の研究成果

 『統計』2009年7月号(2009年7月発行)

※上記のファイルを閲覧するにはAdobe Readerのインストールが必要です。

 

2008年度研究成果

◆2008年度の研究成果

2007年度研究成果

◆2007年度の研究計画と目標

  • 本年度、3回(5月、9月、1月)研究会を開催し、研究を進める。
  • 島根大学所蔵の石見銀山領の熊谷家文書内の宗門改帳(文久3年、4年、69村)を電子化したファイル(人口約3万人分)の借用許可を麗澤大学に申請する。
    許可された場合、このファイルを全面的に利用する研究を行う。
     万日、許可されなかった場合、これ以外の村についてこの研究グループがすでに作成した電子ファイルを利用するとともに、さらに各村に分散して存在する宗門改帳のデータを発掘、入手して、解読、電子ファイル化して、順次研究に利用する。
     以下、おおむね上記ファイルが許可されるものとして計画を立てる。
    • 石見銀山領およびその周辺における各村の人口について量、属性を確定し(各村の宗門別の宗門帳の欠落の有無、村の主要産業の推定)、村落間の関係を明らかにする。
    • 性・年齢・配偶関係などの偏りの人口学的観察から、データ処理方法を評価する。
    • 人口学的分析により宗門別の出生率較差を測定する。この結果と日本史学・宗教民俗学的な研究との突合せを行う。
    • 宗門改帳の名前の特徴を日本語学的に分析し、地域差の計測方法を開発し、地域差分析の準備を行う。
    • たたら山内、銀山町、漁村、農村等を産業歴史学的に分析し、それぞれの村の社会構成と村の相互関係を明らかにする。

◆2007年度の研究成果

 

※上記のファイルを閲覧するにはAdobe Readerのインストールが必要です。

その他論文・報告書等

◆『宗門改帳からみる山陰の近世社会』その1(2006年3月発行)

  1. はしがき(廣嶋清志)
  2. 第1章:江戸時代における銀山町の人口動向と社会構成について(仲野義文)
  3. 第2章:大吉鈩の変遷と山内人口の様相(鳥谷智文)
  4. 第3章:19世紀櫻井家たたら山内の人口動態(相良英輔)
  5. 第4章:東来海村の宗旨証拠帳から分かること (小林准士)
  6. 第5章:数え年年齢を使った計算について(廣嶋清志)
  7. 第6章:宗門別出生率の研究について(廣嶋清志)
  8. 第7章:近代島根の中山間地の農家・農村経済
    ―島根県邑智郡3か村『農事調査報告書』を通して−
    (伊藤康宏)
  9. おわりに
  10. 資料一覧
    1. 竹下家文書(宗門人別関係目録)
    2. 中村家文書
    3. 島根大学図書館熊谷家宗門改帳一覧
    4. 3地域別村町位置図(熊谷家文書宗門改帳)

◆ 『宗門改帳からみる山陰の近世社会』その2(2007年3月発行)

  1. はしがき:(廣嶋清志)
  2. 第1章:石見銀山附地役人の身分と通婚、家族(仲野義文)
  3. 第2章:石見銀山領の社会階層別出生率と結婚率
    ―持高別・宗門別較差を中心として
    (廣嶋清志)
  4. 第3章:櫻井家「召抱人」の構成
    ―『明治弐巳十月 召抱人別書出帳』(櫻井家文書)の分析
    (鳥谷智文)
  5. 第4章:町村是(農事調査報告書)調査の展開
    ―山陰地域を中心に―
    (伊藤康宏)
  6. 第5章:『出雲国産物帳』の樹木方言記事について(田籠博)
  7. 第6章:墓上施設の現在(山崎亮)
  8. 第7章:たたら製鉄業における山内の人口動態と山内「掟」(相良英輔)
  9. おわりに

◆『たたら製鉄・石見銀山と地域社会―近世近代の中国地方―』(2008年3月発行)

 

※上記のファイルを閲覧するにはAdobe Readerのインストールが必要です。


研究会・報告会

【2010年度】
【2009年度】
【2008年度】
【2007年度】