島根大学法文学部山陰研究センター
 

山陰研究共同プロジェクト

※人数、名称は、今年度実施プロジェクトについては今年度、終了プロジェクトについては最終年度のものです。

今年度実施中のプロジェクト

→「研究プロジェクト」TOPページに掲載しています。

終了したプロジェクト

番号 年度 代表者 人数 プロジェクト名
1412 2014-16 小林 准士
  近世後期における宗教紛争の地域的展開に関する研究〔科学研究費〕
1411 2014 宮本 恭子   社会保障制度しての成年後見制度の基盤整備に関する研究−ドイツとの比較から−〔科学研究費〕
1313 2013-16 野田 哲夫   Rubyとオープンデータを活用した地域活性化モデルの構築と効果の研究〔松江市との共同研究〕
1312 2013-15 小林 准士
(廣嶋 清志)
  日本の出生力転換開始の社会経済要因に関する研究―東西2地域の比較分析〔科学研究費プロジェクト〕
1311 2013-14 居石 正和   日本近代法のゆらぎ―山陰地域との関わりで―〔科学研究費プロジェクト〕
1112 2011 野田 哲夫 5 ICTを活用した高齢者向けサービスの効果に関する研究〔奥出雲町との共同研究〕
1111 2011-13 小林 准士 10 山陰地方における地域社会の存立基盤とその歴史的転換に関する研究〔島根大学重点研究プロジェクト〕
1013 2010 野田 哲夫 3 ICTを活用した高齢者向けサービスの効果に関する研究〔奥出雲町との共同研究〕
1012 2010-11 加川 充浩 1 過疎自治体における地域包括ケアの形成要因に関する研究
〔科学研究費プロジェクト〕
1011 2010-11 大橋 泰夫 6 「出雲国」成立過程における地域圏の形成と展開にかんする総合的研究 〔島根大学・萌芽研究プロジェクト〕
0912 2009-12 小林 准士 1 日本近世における宗教論争の地域的構造の研究〔科学研究費プロジェクト〕
0911 2009-11 井上 寛司
小林 准士
10 出雲鰐淵寺の歴史的・総合的研究〔科学研究費プロジェクト〕
0812 2008-09 会下 和宏
田中 則雄
竹永 三男
10 歴史・文化資源を活かした「地域まるごとミュージアム」化実践プロジェクト〜島根大学旧奥谷宿舎を取り巻く「ひと・まち・なりわい」をキーワードにして〜 〔島根大学萌芽研究プロジェクト〕
0811 2008-12 野田 哲夫 20 産官学連携による開発コミュニティを中心とした オープンソース・ソフトウェアの先端的研究体制の構築〔文部科学省・特定教育研究〕
0713 2007-09 廣嶋 清志 8 石見銀山領における人口増加開始期における再生産機構に関する研究〔科学研究費プロジェクト〕
0712 2007-08 小林 准士 8 銀の流通と石見銀山周辺地域に関する歴史学的研究〔科学研究費プロジェクト〕
0711 2007 田中 則雄 11 山陰地方における歴史・文化資源の発掘と活用に関する研究プロジェクト〔島根大学萌芽研究プロジェクト〕