島根大学法文学部山陰研究センター
 

山陰研究プロジェクト

新規(2018年度〜
No. 代表者 プロジェクト名
1801

片岡 佳美

住民の生活・生き方から問う「地方」
実施年度:2018〜2020年度
1802

板垣 貴志

山陰地域の近代化過程における社会・経済構造に関する研究
実施年度:2018〜2020年度

継続(2016年度〜
No. 代表者 プロジェクト名
1601

大橋 泰夫

『出雲国風土記』の学際的研究
実施年度:2016〜2018年度
1602

岩本 崇

山陰地方における既掘考古資料の再検討による歴史文化遺産の活用と地域還元
実施年度:2016〜2018年度
1604

福井 栄二郎

山陰地域における地域包括ケアのあり方に関する動態的研究
実施年度:2016〜2018年度
1605

藤本 晴久

山陰生活圏における地域再生策の分析と評価に関する研究
実施年度:2016〜2018年度
1606

上園 昌武

山陰の環境・エネルギー事業による地域形成に関する研究
実施年度:2016〜2018年度
1607

及川 穣

山陰地域考古・民族資料の公開に関するプロジェクト:文化遺産を対象とした資料学の理論体系構築にむけて
実施年度:2016〜2018年度
1608

野本 瑠美

山陰地域文学関係資料の研究
実施年度:2016〜2018年度

山陰研究共同プロジェクト

新規(2018年度〜
No. 代表者 プロジェクト名
1811 野間 純平 使用実態にもとづいた山陰方言におけるノダ文の記述的研究
実施年度:2018〜2020年度,科学研究費プロジェクト
1812 宮本 恭子 介護する家族の就労継続と介護保障システムに関する国際比較研究
実施年度:2018〜2021年度,科学研究費プロジェクト
1813 野田 哲夫 オープンデータ活用政策の実態調査に基づく経済効果の推計
実施年度:2018年度〜2020年度
1814 舩杉 力修 山陰地方における海図に関する地理学的研究―デジタル化を通して―
実施年度:2018年度〜2020年度
継続(2016年度〜
No. 代表者 プロジェクト名
1611 要木 純一 近代山陰の政治と文化 ―「渡部寛一郎関係文書」・「若槻礼次郎関係文書」に見る漢詩と政党政治の関係分析を通して―
実施年度:2016〜2018年度,科学研究費プロジェクト
1612 関 耕平 人形峠ウラン残土問題の実証研究:放射性廃棄物をめぐる地域紛争の検証
実施年度:2016〜2018年度,科学研究費プロジェクト
1614 田中 則雄 地方実録の生成に関する研究
実施年度:2016〜2020年度,科学研究費プロジェクト
1616 野本 瑠美 奉納和歌の発生と展開に関する研究
実施年度:2016〜2019年度,科学研究費プロジェクト


山陰研究センター客員研究員一覧

今年度の山陰研究プロジェクト・山陰研究共同プロジェクトに参加している客員研究員について、以下にまとめています。