データベースTOP »

『山陰研究』第1号

No. 題名 執筆者 分類 pp PDF
- 創刊の辞 田坂郁夫(山陰研究センター長) - - PDFダウンロード
1 限界集落に生きる人々の「語り」の共有化の試み―島根県雲南市掛合町の一集落を事例として― 江口貴康 / 片岡佳美 / 吹野 卓 論文 1-25 PDFダウンロード
2 経営所得安定対策下における集落営農の展開-島根県における集落型農業法人連携を中心に- 谷口憲治 論文 27 -40 PDFダウンロード
3 『松江竹枝』の作者篠田謙治について-その履歴と『山陰新聞』所載の漢詩- 要木純一 研究ノート 41-63 PDFダウンロード
4 地方競馬の変遷―益田競馬馬主・大石正の聞き書き 関 耕平 / 平田直樹 調査記録 65-79 PDFダウンロード
T1 出雲の医家大森泰輔の人間観と学問観 田中則雄 論文(縦組) 143-152 PDFダウンロード
T2 平安後期の出雲国司―白河・鳥羽院政期を中心に― 大日方克己 論文(縦組) 126-142 PDFダウンロード
T3 初代松江市長・福岡世徳文書(四) 福岡世徳文書研究会 資料紹介(縦組) 102-124 PDFダウンロード
T4 石見国幕領大森代官所牢屋関係史料の紹介 小林准士 資料紹介(縦組) 82-100 PDFダウンロード

 

▲pagetop