島根大学法文学部山陰研究センター
 

第29回日本環境会議島根大会

 このたび、第29回日本環境会議島根大会を、島根大学法文学部山陰研究センターとの共催で島根大学にて開催することにな
りました。
2012年3月17日(土)〜18日(日)に、「原発災害」のない社会をどうつくるかをテーマに開催します。
  詳細は、以下のHPをご覧ください。

 皆様のご参加をお待ちしております。


第29回 日本環境会議 島根大会:「原発災害」のない社会をどうつくるか

 現代文明に警鐘を鳴らした福島原発事故から一年。「3・11」からの再出発は、東北だけの問題ではなく、これからの「国づくり」の基本に関わる問題です。その際の核心的課題は、食料、エネルギーと環境、国土構造のあり方などです。
 日本環境会議は、“「原発災害」のない社会をどうつくるか”をテーマに、今年度の全国大会を島根県松江市において開催いたします。開催地・松江市は原発のある唯一の県都です。また、農林業が重要産業である島根県では、県議会がTPP参加問題に異議を唱え、再生可能エネルギーへの取り組みも始まっています。
 「原発災害」のない社会は、国民みんなの願いです。ドイツ原子力倫理委員会委員を務められたシュラーズ教授をお招きし、国際的視野から地域と日本の明日を語り合おうと思います。
 どなたも自由にご参加いただけます。ぜひ3月には島根でお会いしましょう。

日 程 2012年3月17日(土)〜18日(日)
会 場 島根大学 教養棟1号館(島根県松江市西川津町1060)
テーマ 「原発災害」のない社会をどうつくるか
主 催 日本環境会議(JEC)・JEC島根大会実行委員会
共 催 島根大学法文学部山陰研究センター
後 援 日本弁護士連合会,日本生活協同組合連合会,日本自然保護協会,全国町並み保存連盟,島根弁護士会
資料代 一般500円,学生無料
交流懇親会費 5000円(松江東急イン)

第1日目  2012年3月17日(土)
タイムテーブル
内容
会場
12:30〜 開場・受付開始 1号館
玄関ホール
13:30〜13:45

開会セレモニー

大学ホール
13:45〜15:10

全体会

特別講演:「なぜドイツでは脱原発を決定できたのか」
講師 ミランダ・A・シュラーズ(ベルリン自由大学教授)

基調報告:「福島原発災害から学ぶ脱原発社会」
講師 長谷川 公一(東北大学教授)

大学ホール
15:10〜15:30 (休憩:20分)  
15:30〜17:00

シンポジウム:「原発災害」のない社会をどうつくるか

コーディネーター:吉田 文和(北海道大学教授)

報告@:「島根原発のあり方を考える」
上園 昌武(島根大学教授)

報告A:「福島原発災害以降の日本のエネルギー政策の動向」
植田 和弘(京都大学教授)

特別報告:「福島における被害実態調査の中間報告」
除本 理史(大阪市立大学准教授)

(総合討論)
パネリスト:ミランダ・A・シュラーズ、長谷川 公一、上園 昌武、植田 和弘

大学ホール
17:10〜17:50

日本環境会議会員総会

大学ホール
18:20〜20:20

交流懇親会

松江東急イン
第2日目  2012年3月18日(日)
タイムテーブル
内容
会場
09:00〜11:50

テーマ別セッション

 
 

<セッション1>

テーマ:日本の農林漁業・農漁村の岐路と再生〜「原発災害」、TPPを超えて

コーディネーター:山下 英俊(一橋大学准教授)

 

報告@:「宍道湖環境保全のための流域の森づくり10年」
竹下 幹夫((財)宍道湖・中海汽水湖研究所事務局長) 

報告A:「離島発!地域再生への都市との連携」
大江 和彦(島根県・海士町産業創出課長)

報告B:「地域連携を支える法制度」
礒野 弥生(東京経済大学教授)

報告C:「地域連携を支える資金・財政メカニズム」
寺西 俊一(一橋大学教授)

101教室
 

<セッション2>

テーマ:「原発災害」のない社会に向けて 〜「再生可能エネルギー」に取り組む

コーディネーター:植田 和弘(京都大学教授)

報告@:「島根原発の危険性」
芦原 康江(さよなら島根原発ネットワーク事務局)

報告A:「木質バイオエネルギーと地域づくり」
狩野 宏(NPOフォレストアカデミージャパン副理事長)

報告B:「地中熱を利用した環境共生住宅の環境ビジネス」
橋本 真成(株式会社ジオパワーシステム代表取締役)

102教室
11:50〜12:00 (休憩・会場移動)  
12:00〜12:50

全体会

特別報告:「辺野古アセスの問題点〜意味ある応答を〜」

原科 幸彦(東京工業大学教授)

「コメント」

宮本 憲一(大阪市立大学名誉教授)

102教室
12:50〜13:00

閉会総会

大会宣言・特別決議  提案と採択
閉会の辞
102教室

問い合わせ先

島根大学法文学部 上園昌武
〒690-8504
松江市西川津町1060 
TEL&FAX 0852-32-6137
E-mail : uezono●soc.shimane-u.ac.jp (●を@に変えてお送り下さい)