島根大学法文学部山陰研究センター
 

センター長 ご挨拶

センター長 田中 則雄(法文学部長)

 

 山陰研究センターは、山陰地方の特性を踏まえた人文社会科学分野の研究を推進することにより、地域の経済、社会および文化の発展に寄与することを目的として設けられた法文学部の附置研究所です。

 2004年の創設以来、学部内外の研究者による共同研究(山陰研究プロジェクト)を推進してきました。毎年、紀要『山陰研究』により最新の成果を公表しているほか、2012年からは、研究内容を一般の方々にもわかりやすく解説した「山陰研究ブックレット」を刊行しています。 また講演会、シンポジウム、企画展示、山陰研究交流会などを開催し、研究者のみならず、学生や一般市民の方々にも参加いただいています。

 今後も、人文社会科学の研究活動を通じた地域、社会への貢献をさらに促進したいと考えています。