島根大学「プロジェクト研究推進機構」特別研究部門

HOME>研究概要

研究概要

オープンソース・ソフトウェア(OSS : Open Source Software)のプログラミング言語Rubyは島根県および松江市の情報産業振興の目玉として 位置づけられています。このRubyを中核とした OSSの最新技術研究を産官学連携により行い、国際的な開発コミュニティを中心としたOSSの先端的研究体制を構築し、 IT技術者等の人材育成や地域産業振興への波及を促進することを目指します。
最終的に、「技術教育研究部門」と「ライセンスビジネス教育研究部門」からなる、 産官学連携の独立した教育研究機関「OSS先端教育研究センター(仮称)」を島根大学に設立し、オープンソースに関する研究創出・人材育成・情報発信を行うことを 目標とします。

オープンソースに関する技術研究

オープンソース・ソフトウェアの開発スタイルは、企業や組織の枠を超えたコミュニティ中心に進んでいますが、ソフトウェアの安定化・高度化が担保されて いないのも事実です。そこで、本研究では、プログラミング言語Rubyを中心にオープンソース・ソフトウェアの安定化・高度化の研究と、安定化を担保するための ドキュメンテーション化の手法の検討を進めます。

オープンソースに関する産業組織研究

ビジネスモデルの構築と情報サービス産業の生産性、およびOSSを活用した新事業創出(ビジネスインキュベーション)・起業モデル(インキュベーションモデルなど) についての考察やモデル事例による実証研究を行い,地域産業振興に果たす役割と可能性に関する実証的・理論的研究を進めます。 また、オープンソース・ライセシングの論点を整理し、ライセンスビジネスモデルの提示を目指します。